サマーキャンプの種類

サマーキャンプとは一般的に夏休みの長期休暇を利用して主に小中学生を対象に行われるキャンプです。
キャンプは二泊三日や三泊四日の日程が日本では主流です。


海外においては毎日通うような形式のものやかなり長期にわたって行われるものもあります。

利便性を重視した小学生留学の情報をご説明します。

サマーキャンプとは普段の学校生活では体験できない自然のなかで自然と触れ合い、集団生活を学びながら楽しく過ごすことを目的としています。

最近はプログラムも様々です。

サマーキャンプという名前ですが夏だけでなく冬の体験ができるキャンプもあります。
冬は雪遊び、スキースノボ講習などです。


夏は魚釣りや川遊び、カヌーや昆虫採集などです。

goo ニュースを知りたいならこちらです。

キャンプ中に英語を使い、英語に慣れ親しむプログラムもあります。



そのように、ひとつのことに特化しているプログラムも多数あり、お子様の興味や状態に合わせてプランを選ぶことができます。化学の体験を重視するプログラムや、動物と触れ合う体験を重視したキャンプなど楽しいものがいっぱいです。
参加する方が限定されているプログラムもあります。
それは糖尿病などの病気の子供たちのキャンプです。

大人のサポートを多少受けながら自分たちでできることを楽しく学びます。

サマーキャンプは北海道から沖縄まで日本全国でたくさん開催されています。


どんなお子さんにもぴったりなキャンプがあるはずなので、リサーチをして予算と相談しながら素敵な思い出を作りましょう。

キャンプから帰った時にはびっくりするほど成長しています。